ココロボ

ココロボ

ココロボ

このページは「お風呂掃除のコツ 」の情報コンテンツです。
ココロボ > お風呂掃除のコツ

豆知識

お風呂掃除のコツ

お部屋の掃除は自動掃除機ルンバに任せるとして、お風呂のお掃除は自分でやるしかありません。でも、アナタは間違った方法でお風呂のお掃除をしていませんか?

お風呂のカビ退治

お風呂 お風呂場は水を使うため、どうしてもカビが発生しやすい場所です。天井や洗い場の隅っこ・タイルの壁の目地など黒いカビがついていませんか?カビを撃退するお風呂用洗剤を使った後やその前にざっと壁などを洗う際、水を使っていませんか?カビの胞子というのは私たちの目に見えるものではありませんが、壁や目地のカビに対して水をかけてしまうと・・なんとカビの胞子が空気中に舞ってしまうのです。

いくらカビに強い洗剤を使っても空気中のカビの胞子までやっつけられるわけではありませんので、その胞子を元にしてまたカビが発生してしまいます。また、場合によっては今までカビがでていなかった浴室の天井などにも、胞子となったカビが付着して発生させてしまうということも・・。

カビを流す場合は、必ずお湯を使いましょう。しかも、40度前後の私たちが快適に感じるお風呂の温度では意味がありません。45度以上の熱めのお湯を使いましょう。45度以上というのはカビが死ぬ温度のため、再度胞子として舞うことが抑えられるのですね。おそらくカビのお掃除は気になり始めたら行うということで毎日はしないものですよね。お湯を使うのはもったいないかもしれませんが、カビ撃退のためには是非とも実践しましょう。

通気口のカビは絶対退治を!

お風呂内の水気を取るために扉を閉めて換気扇を回す。日常的に行うこの行為は、カビに強い洗剤を使い45度以上のお湯でカビを撃退した後ももちろん行うでしょう。しかし、その行為ちょっと待ってください!せっかく完璧にお掃除してもその行為でお風呂内にまたカビの胞子を連れてくることがあります。

それは、浴室の扉の通気口のカビ。ここのカビをちゃんと処理しない状態で扉をしめ切って換気扇を回せば、外から浴室内への空気の流れにのって通気口のカビから胞子が・・・。せっかくカビをキレイに掃除するのですから、通気口のカビもちゃんとお掃除しておきましょう。

ココロボ 激安通販